ドイツ語教材・速習と効率

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベと言うのはもともとドイツ語ですが、本来はガス爆弾の意味で、この語の場合は間違って定着した言葉ですね。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。これは明らかに勘違いされてしまった例ですね。ドイツ語を母国語としているのはドイツ連邦共和国だけでなく、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの共通語でもあります。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語はある段階までは各変化や活用もわりと覚えやすいので進行も早く学習できると思います。

ドイツ語をはじめようと考えている人は、ドイツ語が背景となっている、あるものに関心を持ったからかもしれません。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語にはない特別な日本語のような感覚が存在していることに驚きます。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語が日本語に近いと感じる点は、それはドイツ語の語順の自由性が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。

ドイツ語は英語よりも、日本人にとっては理解しやすい一面があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR