趣味のドイツ語学習



ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガス爆弾、これをドイツ語ではガスボンベと言いますが、この意味だと日本ではスーパーで爆弾が売られていることになります。ドイツ語では、ガスタンクがこれにあたります。これは明らかに勘違いされてしまった例ですね。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語が日本語と似通っていると感じる点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語の学習を始めるには、中学校からの英語とは違い、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。風潮としてドイツ語は、岡崎慎司や清武弘嗣など、日本代表選手のブンデスリーガ移籍などで注目されることもあるようです。

ドイツ語の学習の第一の壁は冠詞、名詞、形容詞で起こる格変化かも知れません。慣れてくれば語感で判断できるようになるのですが...

ドイツ語は英語よりも、私たち日本人には親しみやすいところがあります。ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語は思考の言語構造が日本語に似たところがあるように思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR