ドイツ語習得・継続と爆発

ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージにも関連して、モータースポーツなどでも主流の言語ですね。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。しかしドイツ語には英語ではすでにほとんど退化してしまっている形容詞や名詞の格変化というややこしい規則がありますから、最初のうちはちょっと面倒ですよね。

ドイツ語が話されているのはドイツと隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの共通語でもあります。

ドイツ語が日本語に通じると思ってしまうところは、それはドイツ語の独特の倒置法が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは多くありますが、実は日本語とも構造的に似ていると改めて感じることも少なくありません。

ドイツ語の学習を続けていると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語のような感覚があることに気づきます。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語をはじめようと思う理由は、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR