ドイツ語教材・苦楽と歓喜

ドイツ語は英語との類似点は沢山ありますが、実は日本語との類似もかなりあると思われることも多いですね。ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語では、ガスタンクがこれにあたります。ドイツ人にタクシーのトランクにある燃料容器を「ガスボンベ」と説明し大笑いされたことがあります。ドイツ語が話されているのはドイツではもちろんですが、オーストリアとスイスの一部地域で公用語となっています。

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の漢字・かな的な発想があり、感覚的な近さを感じます。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

ドイツ語が日本語に似ていると思ってしまうところは、それはドイツ語の独特の倒置法が影響していると考えられます。

ドイツ語をはじめる動機は単純に語学が好きだからという人はそんなには多くないと思います。大学の第2外国語でのドイツ語がはじめてという人もいるでしょう。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR