ドイツ語を学ぼう

ドイツ語をはじめようと思った人は、何がきっかけでそういう思いになったのでしょうか。ドイツ語は、香川真司や長谷部誠など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで注目される場合もあるようです。

ドイツ語は英語と比較すると、日本人にとっては共感できる局面があります。ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語は最近若い人の間でもプチブームが起きているようです。ドイツのブンデスリーガに移籍するJリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

ドイツ語の学習を続けていると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の漢字・かな的な発想があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。

ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語が日本語に近いと気づく点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。ガス爆弾、これをドイツ語ではガスボンベと言いますが、この意味だと日本ではスーパーで爆弾が売られていることになります。ドイツ語的に言えばカートリッジ式ガスタンクとなるでしょうか。これは明らかに勘違いされてしまった例ですね。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR