簡単なドイツ語攻略

ドイツ語をはじめようと決心した人は、中学校で学び始める英語とは違い、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。ドイツ語は最近若い人の間でもプチブームが起きているようです。ドイツのブンデスリーガに移籍するJリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

トレンドとしてドイツ語は、香川真司や長谷部誠など、日本代表選手のブンデスリーガ移籍などで脚光を浴びることもあるようです。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですねドイツ語は英語との類似点はかなりありますが、実は日本語に似ていると感じる部分も多いのです。ドイツ語が日本語と類似していると思う点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の漢字・かな的な発想があることに気づきます。ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR