ドイツ語教材・契機と発展

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。

ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。ガスボンベは日本語になっているドイツ語ですが、本来はガス爆弾のことです(笑)。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。ドイツ人にタクシーのトランクにある燃料容器を「ガスボンベ」と説明し大笑いされたことがあります。ドイツ語の学習の第一の壁は名詞の性かも知れません。男性、女性に加えて中性名詞というのもありますが、かえって中性名詞があることでフランス語にはない合理性も感じるはずです。

ドイツ語が日本語と類似していると気づく点は、それはドイツ語の語順の自由性が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

時としてドイツ語は、香川真司や長谷部誠など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで脚光を浴びることもあるようです。

ドイツ語は英語にはない、我々にはわかりやすいところがあります。ドイツ語をはじめるまでの経緯は、いろいろな人生の局面が絡んでいるはずです。大学の第2外国語でのドイツ語がはじめてという人もいるでしょう。ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語には英語にはない特別な日本語の仕組みに通ずるものがあることに気づきます。ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR