ドイツ語習得・理由と場合

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語が日本語に似ていると思ってしまうところは、それはドイツ語の独自の語順の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語のような感覚があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単というつながりがあります。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。

ドイツ語は英語に似ているところも多くありますが、実は日本語との類似もかなりあると考えられる部分もかなりあります。トレンドとしてドイツ語は、岡崎慎司や清武弘嗣など、日本代表選手のブンデスリーガ移籍などで脚光を浴びることもあるようです。

ドイツ語の学習をはじめるのには何かの強い思いが動機となることがあります。クラシック音楽ファンがドイツ語に興味を持つのはある意味必然的と言えるかもしれません。ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですね

スポンサーサイト

ドイツ語攻略・限界突破で加速

ドイツ語が日本語に通じると思い当たる点は、それはドイツ語の独特の倒置法が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語をはじめようと思う理由は、中学校で学び始める英語とは違い、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語が話されているのはドイツ連邦共和国だけでなく、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの周辺で使われている言語です。

ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語は英語に似ているところも数多いですが、実は日本語に似ていると考えられる部分もかなりあります。ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。ガス爆弾、これをドイツ語ではガスボンベと言いますが、この意味だと日本ではスーパーで爆弾が売られていることになります。ドイツ語ではガスタンクというのが本来です。この単語の場合は誤って使われ続けている言葉です。ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語の学習の第一の壁は冠詞、名詞、形容詞で起こる格変化かも知れません。慣れてくれば語感で判断できるようになるのですが...



ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の仕組みに通ずるものがあり、非常に親しみを感じてくるようになります。

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。

ドイツ語教材・瞬発と持続



ドイツ語は英語よりも、日本人には共感できる局面があります。ドイツ語が日本語と類似していると思ってしまうところは、それはドイツ語の独自の語順の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語を学んだのは自分が音大生でドイツに留学するためという人が案外多いように思います。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、ドイツ語の die Arbeit(仕事)、arbeiten(働く)から外来語として定着したものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!ドイツ語圏には有名な音楽大学がいくつもあり、留学先に選ぶのならやはりドイツ語が必修となります。

しかしドイツ語もごく最近新書法という、コンピュータへの対応も見越したスペリングの改革が行われました。これは往年のドイツ語の文学的芳香を消し去るもので到底受け入れがたいとの声もありますが、時代の流れに押し寄られた形になってしまうのは、生きた言語としての宿命みたいなものがあるのも受け入れざるをえない事実です。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の仕組みに通ずるものがあり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

面白いドイツ語学習

ドイツ語をやってみようと思い立った人は、中学校で学び始める英語とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。

ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語が話されているのはドイツ連邦共和国だけでなく、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどで公用語となっています。

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の漢字・かな的な発想があることに気づきます。ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。ドイツ語が日本語に似ていると感じる点は、それはドイツ語の語順の自由性が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガスボンベは日本語になっているドイツ語ですが、本来はガス爆弾のことです(笑)。ドイツ語ではガスタンクというのが本来です。ドイツ人にタクシーのトランクにある燃料容器を「ガスボンベ」と説明し大笑いされたことがあります。ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

ドイツ語は英語と比較すると、我々には親しみやすい局面があります。

ドイツ語の低い壁

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語はドイツ本国だけでなく、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等で公用語となっています。

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語のような感覚があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語は英語との類似点は多くありますが、実は日本語との類似もかなりあると考えられる部分もかなりあります。ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語をはじめようと決心した人は、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。ガスボンベは日本語になっているドイツ語ですが、本来はガス爆弾のことです(笑)。ドイツ語ではこの場合、ガスタンクといいます。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。

ドイツ語が日本語に近いと気づく点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR